串揚とは?
昭和初期の大阪で、庶民に愛好された食べ物のひとつに”二カツ”というものがありました。これは”串一本の値段が二銭のカツレツ”を略した言葉で、戦後この”二カツ”にヒントを得て生まれたのが串揚げです。

山留とは?
山留の開店は昭和42年(1968年)。店名は先代山田留四郎に由来します。当時の岡山に初めて串揚げを紹介した草分けとして以来、多くのお客様にご賞味いただいております。

山留のこだわり
其の一:海・山の味を一本の串に結んで山留独特の味をみなさまにお届けします。
備前岡山は昔から全国屈指の”うまいもん処”として名をはせてきました。瀬戸内海の潮がはぐくんだ繊細な海の幸。温暖な気候がはぐくんだ滋味深い山の幸。岡山に生まれた山留の串揚げは、素材の旨みを最大限に生かしながら一本一本、心をこめて揚げています。旬のネタをあつあつのうちにお召し上がりください。
其の二:秘伝のタレ、特製のソースでじっくり楽しむ串の妙味。
タレは串揚げの旨みを引き立てる名脇役です。山留では、塩、酢醤油に加え、揚げ物と相性のいい山留特製のソース、マヨネーズとドレッシングのブレンドなど、お好みに合わせてお楽しみいただけます。素材とタレとが織りなす味のハーモニーをお楽しみください。
其の三:素材にこだわる。タレにこだわる。そして、器にこだわる。
当店で使われているタレ皿・串入れなどは、当店主人が自ら自宅に窯を築き、作陶したものです。串の旨味を一層引き立てる色合い。料理ともどもお愉しみください。

↑創業時(昭和42年)の広告↑

Copyright(C)2018 YAMADOME All rights reserved.