なぜ!電気代が安くなるの?

わが家の電気代って!一体、いくらかかってるの?
電気代って、ホントに安くなるの?
・・・そんな疑問を、ウェブ担当モグラが、T邸の奥さまに聞いてみました。

Q1:わが家の電気料金は、いくらなの?

モグラ宅の電気料金
期間 電気使用量 請求額 1KW当たり単価
H19年11月分 695KW  17,545円 25.24円
H19年12月分 895KW  22,999円 25.70円
H20年 1月分 1,045KW  27,435円 26.25円

 昨年の暮れ、電気料金の請求書を見てビックリ!「給料はちっとも上がらないのに、電気代はうなぎ登り」しかも、「トイレットペーパーは、一度に沢山買えば安くなるのに、電気代は使えば使うほど、単価が上がるって、納得できないわ。」・・・と、プンプン(~_~メ)のモグラさんは、T邸の奥さんに相談しました。

A1:料金メニューは4種類あるのよ!

従量電灯A】  (単位:円)
  区分 単位 料金
最低料金 最初の15kWhまでの料金 1契約 300.30
電力量料金 15kWhをこえ120kWhまで 1kWh 18.46
120kWhをこえ300kWhまで 1kWh 24.84
300kWhをこえる料金 1kWh 26.88

 「あのね!モグラさん。まず、あなたの住宅がどんな料金プランで契約しているか、知る必要があるわね。」と、優しく聞かれたモグラは、「はて?!?そんなに調べたこともないわ。」
 「ここに電気メニューの仕組みがあるから調べてみて。」と教えられたモグラさん。早速、検針の時にポストに入っている「電気使用量のお知らせ」を見ました。
 わが家は「従量電灯A」で、最も一般的な契約だったのです。
 「なんだ、わが家は電気を使うほど、高くなるのね。」と、納得してしまいました。(--;)

(詳細は、電化住宅COM「選べる4つの電気メニュー」を参照下さい。)

Q2:わが家の電気料金は、いくらなの?
 
「Tさん、年間で12万円も光熱費が安くなったって言ってたわね。どうして、そんなに安くなったの?」

A2:ファミリータイムで契約したの!

 「私の家は、おじいちゃんが一人留守番してくれ、主人も子供たちも昼間は居ないでしょ。だから、お昼の料金は多少高くなるけど、家族が一緒に家で過ごす時間帯は安くなるのよ。今の従量電灯料金と比べると、お昼は1.1倍だけど、朝晩は90%になるし、深夜はなんと約40%になるのよ。洗濯機や乾燥機は、タイマーをセットして朝8時までに終わるように工夫しているわ。」
 「ひぇ〜〜(*_*)。さすが、賢い主婦は違うのね!モグラも頑張らなくちゃ。」
 「オール電化にすれば、「電化住宅プラン」で、さらに10%もお得になるのよ。」と奥さんに教えられました。
 「モグラも、すぐに主人と相談しようっと・・・↑(^^_)ルン♪」


ナイトタイム

 午後11時〜午前8時まで
9円62銭

昼間料金の僅か 1/3
ファミリータイム 

 午後5時〜11時まで 
 23円53銭 
ファミリータイム

 午前8時〜10時まで
 23円53銭
詳細は、 デイタイム

 午前10時〜午後5時まで
夏季 32円80銭
その他の季節 28円21銭
この契約は1kVA以上の電気温水器等、多機能型ヒートポンプ式電気給湯機等を導入しないと契約できないのでご注意を。
   
お問い合わせは「タキグチ」にお電話下さい。
滝口建設工業株式会社
代表取締役 滝口 久晴  
TEL.0866-22-2707 Fax.0866-22-2595
オール電化の投資額は? どれだけお得? オール電化キャンペーン1 オール電化キャンペーン2